ヨーロッパに行こう

最低年イチヨーロッパ

パリ旅行記'17 ④ロワール古城巡り

2017/03/26(日)

パリ旅行も折り返しとなりました。今日は、ロワールに古城巡りへ行きます!事前にMyBus社のツアーを申し込んでおいたので、バスに揺られながらの長旅スタートです!

とは言うものの、この日の朝、とても曇っていて、バスからの眺めが残念…。いつのまに寝ていました。折角ガイドさんが面白い話をして下さっていたらしいのに…。本当に勿体無いことをしたなあと反省しています。これから何かのツアーに参加される皆さん、是非起きてガイドさんのお話をじっくり聴いてください。そこからのツアーの面白さが違います。

と言う訳で、気がついたらもう1つ目のお城に着いていました。畜生。

 

Château de Chenonceau/シュノンソー城
f:id:nin1006:20180131165935j:image

まずガイドさんにチケットを貰います。
f:id:nin1006:20180131170005j:image

少し歩いて、お城が見えてきました!そして、見てわかるように、天気が悪い!(笑)晴天だったらもっと綺麗だったんでしょう。でもまあこれはこれで、味があります(笑)

しかし、ここで問題が!ガイドさんはお城の中でも沢山色々なお話をして下さったのですが、私がバスの中で話を聞かず寝てしまっていた為、話について行けない!数時間前の自分を恨みました。話を聞くのを諦めて、自分なりに色々見てみるものの…知識があった方が確実に何杯も面白かった。ああ。

そんな後悔の念で一杯になりながら、昼食会場へ向かいます。ここで心を切り替えたい!(笑)

 

La cave aux fouées

f:id:nin1006:20180131170420j:image

ツアーに組み込まれている、洞窟レストラン。わくわく。
f:id:nin1006:20180131170601j:image

前菜のサラダ、メインのお肉、そしてデザート。生憎デザートしか綺麗なな写真がありませんでした(他は既に食べかけでした)。とっても美味しかった!バスの疲れをリフレッシュする事が出来ました。

バスに乗り込み、次のお城へ向かいます!

 

Château de Clos Lucé/クロリュセ城
f:id:nin1006:20180131170818j:image

ここは、フランソワ1世がレオナルド・ダ・ヴィンチをフランスに住ませる為、ダ・ヴィンチの好みを反映したお城だそうです。イタリア建築になっているのはその理由からだとか。
f:id:nin1006:20180131170958j:image

この頃にはもう晴れて、青い空が良い!こういう景色を見たかった。中にはダ・ヴィンチの様々な発明品があり、凄いなぁ~と関心しっぱなしでした。ダ・ヴィンチがいかに偉大か、そしてそこまでしてフランソワ1世がダ・ヴィンチをフランスに留めたかった理由が分かったような気がします。面白かった。

さて、いよいよ最後のお城へ向かいますよ。

 

Château de Chambord/シャンボール城
f:id:nin1006:20180131171318j:image

このお城は、フランソワ1世が狩猟の為の別荘として作らせた城だそうです。フランソワ1世がこのお城に滞在することは殆ど無く、その為中はとってもシンプルな作りで物はほぼ置いていません。しかし、シンプルに見える中にも様々な仕掛けがあり、楽しかった!あの仕掛けは訪れた方には是非体験してほしい。面白かったです!
f:id:nin1006:20180131171554j:image

立派なお庭。晴れていたのも本当に良かったです。

 

これで、このツアーの全行程が終了。バスに乗るとすぐに寝てしまいました。またガイドさんのお話を聞き逃してしまった…。気付いたらもうパリ市内に戻っていました。

1日お世話になったガイドさんにお別れの挨拶をして、夕食の買い出しをしつつホテルに戻ります。丸一日出掛けっぱなしは疲れますね。ホテルに着くとご飯を食べるのも精一杯なくらいの眠気でした。

 

明日はお買い物中心のパリ巡りです。

À bientôt!🇫🇷